中東 シリアについてレポート
2016 / 04 / 01 ( Fri )
(パルミラ遺跡 1時間ドローイング


中東シリアについて 私なりのレポートを残します。

シリアを旅したのは今から八年前… 当時の私にとって中東は未知の世界でした。

見るもの、食べるもの、すべてが知らないものばかり。

知っていたのは ムーミン谷のスナフキンの言葉。

「僕は自分の目で見たものしか信じない。 だけど、この目で見たものはどんなに馬鹿げたものでも信じるよ」
「大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことさ 」

(私は言葉が苦手です。伝えたいことはなるべく伝える…努力はしてみたいと思います)

私の知る中東シリアとは、 映画 「アラビアのロレンス」で語られるような
荒涼とする砂漠の中に サボテンの花が咲く
ユーフラテスの大河が流れた 情緒的で美しい国でした。

IMGP6786.jpg

シリアがイスラム教といっても  歴史からみれば日は浅く
古代バビロニア、アッシリア、ギリシャ、ペルシャ、オスマン帝国といった
幾度とない文明国の統治と支配が繰り返しなされ

パルミラの王朝が記す碑石(ヒエログリフ)には
古代人が夢をみた遠い世界が刻み込まれ 現代を生きる我々に語りかけます。

IMGP6360.jpg

難民について少し。
当時、シリアに難民があふれた理由は”イラク戦争”でした。

他国間の利害によって生じる 愚かしい王様たちの代理戦争は、 
「民主化のドミノ倒し」とめい打った ”油田の利権・相続”争い。

分かりやすく言えば 日本の戦国時代にも起きた”領土争い”(イラク侵攻)  
 (ザメル 1時間ドローイング

ガンダムなどの戦争アニメで描かれる”エゴイズム”と言えばいいのでしょうか…、
自らの欲望を満たすために各国が作る”大義名分”の正体は、どこも似たようなもの。 

IMGP6499.jpg

聖戦(ジハード)といえば
自らを犠牲にし家族を守ろうと命を投げ捨てて戦う、神(緑園)への導きと彼らは言い張りますが、
私は日本人だからなのでしょうか…。 ポアに思えてしまいます。

神のため 社会のため、家族のため
世の中のためにやろうとすることは ほんとうに世の中のためになるの…?

宗教のない国を いまだ見たことはないですし、 
人間の暮らす国は たくさん見てきたつもりですが…。

IMGP6352.jpg

守るべきもののために戦える
聞こえはいいですが、そのために”他の大事なもの”は無視されていく。
それを私は幸福だと 思えないです。  

誰かのためにするでも されるでもなく
自分の考えで …いっしょに前を歩く そんな人間のひとりになりたいです。

シリアとは関係のない話になってしまいまいた、すみません(汗汗
ここまで与太話にお付き合いくださり、誠にありがとうございました!<(_ _)>

関連記事
02 : 37 : 25 | 旅行記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
<<桜 桜 桜のきせつ♪♪♪ | ホーム | ラーメンと修養>>
コメント
----

うーん…なんというか、
小難しい話になっちゃって すみません (;´Д`)

シリアのよいところをご紹介できたらと思ったのですが
ぜんぜん面白くなくなっちゃいました。 

中二病ぽい、かなり恥ずかしい一面をお見せしたと思います…
スナフキンを話に出したの まずったすね(;´・ω・)

ぼくなどより、ときさめ様のほうがずっと中東ニュースに詳しいと思います!
現地の人は、学校も警察もふくめ、みんないい人ばかり 
ほんとやさしかったです(涙 

だから悪いニュース聞くと… いやなんです。

ジハードとかアイエスとか、アルカイダとか、
現地の人が一番怖がってる ああいう犯罪組織が暴れているんだとおもうと…。 

むかし、香田証生さんという方がアルカイダに捕まり処刑された話を覚えていますか?
現地で何があったのか事情を詳しく聞いてみて…やっぱり似ているんですよ。 
(オウムを信じたり正義を貫こうとする人と)

周りでそれを止める人はいたんです。 危ないから。
その忠告も振り切って、本当に危ないところへ飛び込む勇気って。恐ろしい。

そういうのやめてほしくて、いろいろ勉強もしたつもりでしたが…

言葉で伝えるって むずかしいのです(´・・`) すみません 愚痴ともならぬ文面を!(;>Д<)

ドローイングは、ときさめ様も楽しく描き続けるうちに めきめき上達されていくかと思います。
大事なのは 描きたいと思った気持ちを相手に伝えようとすることだと
勝手に思っているのですが うーん むずかしくってしょうないのです(;´Д`)
by: masa(マサ) * 2016/04/02 17:56 * URL [ 編集 ] | page top
----

こんばんは!
シリアを旅した人によると、恐ろしく親切な国で安心して旅行できるみたいですね。
もうご存知と思いますが、パルミラ遺跡は奪還されたようで嬉しいです。
でも奪還後の博物館やらの写真がもう悲惨で、ガチで破壊されていたので泣きそうでした・・・
一応、地元ニュースとロシア筋のニュースはフォローしてますが、本当に毎日色んなことがありますね、あちらは。
とにかくイチャモンつけて軍事侵攻するのって、本当怖い世界です。(イラクとかイラクとかイラクとか)
アラブの春も本気で平和になると傍観してたのも愚かでしたし、全ては陰謀が渦巻いてて恐ろしいです。
シリアもテロリスト入ってきたと思ったらあっという間ですが、今は政府軍が頑張ってるようですね、早く中東の戦火が消えればよいと思うのですが、多分絶望でしょうね・・・
こんな状態ですが、ダマスカス大学も開校してるみたいですし、アレッポやラタキアのような主要都市に残ってる住人もいるようで、にわかに信じがたいです。

外部から見ても、色々思うことがあるのに、実際に行ったのであればきっともっと感じて考えると思うのです。
一番よくないのは思考停止だと思うのですよ><
またこういうシリアスな記事期待してます!

そして何気に1時間ドローングが細かい件。
1時間でこんなに描きこめるんですか・・・
by: ときさめ * 2016/04/02 03:10 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masa0085.blog.fc2.com/tb.php/79-56cf05fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |