fc2ブログ
月下美人
2023 / 09 / 23 ( Sat )
月下美人着物あり

お彼岸ですね。
今年は彼岸花が咲いてなくて少し残念

中秋の名月(十五夜)は9月29日だそうです。

かぐや姫の話では地上は罪で穢れたところですが、
月を美しいと感じるこころは純粋な意識だと思います。


IMGP3275.jpg
インドの向こう岸(彼岸)。昔、ガンジス川で撮ったもの。




関連記事

テーマ:イラスト - ジャンル:ブログ

13 : 44 : 00 | イラスト | トラックバック(0) | コメント(4) | page top
<<まんが「月と海」を公開しました | ホーム | 月山、湯殿山へお参り>>
コメント
--ネチコマさん、コメントありがとうございます--

嬉しいお言葉、ありがとうございます(_ _)
2色にすることで表現したいものが、そこに浮かび上がるのかもしれませんね。
死者の魂を迎えるという、彼岸の世界が月の下に照らされたなら
得も言えぬ美しさだろうな〜と思えました。

かぐや姫は藤原家への風刺だったそうですが、
罪人という思想は、人が罪の意識を芽生え抑えるためと、
大事なものを奪われてしまった時、その理由を求めてな
気がしますね…。それほど月は美しいのに
実際は人の住めない月面というのが皮肉ですね。

ネチコマさんの所で可愛いかぐや姫様が見れて嬉しかったですよ(*´▽`*)
by: masa(マサ) * 2023/09/24 12:14 * URL [ 編集 ] | page top
----

清楚と妖艶を併せ持った豊満な美人と、真っ赤な彼岸花のコントラストがいいですね。
印刷でいうところの2色カラーという感じがしますが、色数を絞ったことで、画面が引き締まって見えますね。
日本では蝶は死者の魂といわれてますが、アゲハ蝶もお彼岸らしさが出ていて、アクセントになってていいと思います。

かぐや姫が罰で地上に降り立ったのって、月では地上が穢れた場所だったからなんですね。
かぐや姫はマンガ家の星野之宣が妖女伝説という作品で後日談っぽい話を描いてました。
ネチコマもかぐや姫のイラスト描いたので、かぐや姫の話が出てきてちょっと嬉しかったです(*´ω`*)
by: 荒野のネチコマ(仮) * 2023/09/24 05:47 * URL [ 編集 ] | page top
--ツバサさんコメントありがとうございます--

お褒め頂きありがとうございます(><)
秋でしか味わえない雰囲気が
イラストで表現できてたようで良かったです^^

今年は暑さのせいか彼岸花を全く見ないですねー。
すでに街路樹の葉が落ちてますし、異常な光景です。
季節がズレてるだけだといいのですが…
毎年これだと困りますね

by: masa(マサ) * 2023/09/23 16:07 * URL [ 編集 ] | page top
----

月下美人の名にふさわしく
なかなかに綺麗なイラストになっていますね(´∀`)
周りの彼岸花を含めて、
雰囲気や味がある感じで良いですね~。

そして彼岸花は僕の方でも見かけていないです。
暑い期間が長かっただけになかなか咲かないのかなとも思いました(><)
by: ツバサ * 2023/09/23 15:37 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masa0085.blog.fc2.com/tb.php/325-2d76a2da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |