カニでもできる デッサン講座?
2016 / 06 / 26 ( Sun )

カニでもできる デッサン講座 はじめます。 V( ・ω・)V

下手ですが どうぞよろしく カニカニ 

ぼくのお友だち 紹介します ↷


blog.jpg

・めん棒くん (細い、太い) ・ねり消しくん  ・ペン型消しゴム×2本 (2.3mm、2.5mm)

・シャープペンシル×2本  (3mm、5mm)  ・Derwent鉛筆(ソフト)

・ピンクの定規&ナイフ  ・グラフボード(手作り)


≪ デッサンに つかった材料~ 資料たち ≫


blog1.jpg
 

・素材は映画 アッテンボロー監督の 名作 「ガンジー」 (1982)。 

”ガンジーといえば断食” 子供心に覚えたっけ。 インド人の忍耐、ほんとに凄いなァー。

英国人の謝罪の映画。

 

blog3.jpg


・まず、シャープペンの”目やす”をつかって 長さと比率をはかります。 

身近なものを使って 大きさを測るというのが ぼくのやり方です。


blog4.jpg

ぶっちゃんも このように。

目と鼻の長さをはかって  比率を三角形にしてみました。

精密なデッサンをするとき 必ずこれをします。  (リトグラフも)



次元と拳銃と帽子より


分かりやすく 例えると 「次元と帽子と拳銃」 です。

 次元大介は自分の帽子の”つば” を射撃のときの照準合わせに使い、
この帽子がなければ命中率がきょくたんに落ちるんだとか。(笑)









  


描いていく過程を動画にしてみました。(;´・ω・)  

説明するより早いかと思って・・・。 




3_20160626220721f71.jpg

から↷

0_201606262207196cb.jpg


になりました。 バップー。  お粗末さまでしたm(__)m



むかし、ガンジーの足跡をたどり インドへいったことがあります。  
ギターを持って  歌っていたのが もう8年前。 

”非暴力”はいまでも わたしのこころにあります。

これがなかったら 絵を描くことに ここまでこだわらなかったかも。


非力ですが、参考となれれば幸いです。

ムヘル ニル アヒンサー。  








  
 にほんブログ村 イラストブログへ



関連記事
22 : 39 : 01 | イラストの描き方☆ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<暑中お見舞いに、 わたしの歌を聴けー! | ホーム | アニメ 追悼イラスト>>
コメント
--ツバサ さま、コメントありがとうございます!--

そうですね~^^
手に取りやすいもので図ったほうがいいかもですね♪
消しゴムで長さをはかってみたり、セロハンテープの丸い部分で
円形を描いてみたり。 描いているとだんだん愛着も湧いてきたリします♪

ぶーちゃんおほめ頂きありがとうございます(〃´∪`〃)ゞ 
暑中お見舞いに描いてみました💦

デッサンはぼくも苦手で恐縮なのですが
久々にすると新たな発見があって面白いかもですね~!

機械を描くのがどうしても苦手でして、
ぼくもいつかプロさまのように…とひそかに願っております(^^;
by: masa(マサ) * 2016/07/01 14:51 * URL [ 編集 ] | page top
--ときささま--

いえいえ、ぼくは何も💦
ときさ様ご自身で発見なされたことですよ^^

構図する比率さえ見つかれば (ぼくも探している途中で恐縮なのですが💦💦)
きっと次元さんみたい 凄腕の狙撃手にもなれるかと! ( ´▽`)

インドは水と食料に要注意ですが、、とても印象深いところですのでぜひ^^
by: masa(マサ) * 2016/07/01 14:25 * URL [ 編集 ] | page top
----

目やすは身近なもので図った方が、
やっぱり、便利で使いやすいですもんね(´∀`)
それにしても、絵の方もそうですが、
他の人の使っている道具を見たりするのも面白いものですね~。

ぶーちゃん可愛いですね(*´ω`*)
ガンジーも凄いです!
まるで写真のようですね~!
自分はリアルタッチで描く事はないのですが、
こういう風に精巧に描けるってやっぱりプロレベルで凄いです(●´ω`●)
by: ツバサ * 2016/06/30 19:02 * URL [ 編集 ] | page top
----

masaさんの記事で、計測するということに気づきました!
まぁ気づいただけで、まだどうこうできませんが、今後の練習に生かしたいと思います!
ありがとうございました!
次元大介の例えも良かったです。
比率を狙い撃ちしてちょっと頑張ってみます(´・ω・`)

インドカオスすぎですねwwwww
ヒンドゥー教のイメージが強かったのですが、よき思い出すとあそこも色んな民族ゴロゴロしていますものね
機会があれば、インドも行きたいです。
by: ときさ * 2016/06/29 14:07 * URL [ 編集 ] | page top
--ときさめさま、コメントありがとうございます!--

ぼく個人の感想ですが、人物デッサンは線画に比べ負荷が少ないように思います。
自転車など複雑なデッサンになると ぼくもお手上げですが💦

ぼくの場合で恐縮ですが、シャープペンの矛の部分を目安にし 計測しています。
 
Σそうだ! わかりやすく言います! ルパン三世の次元大介ってご存じですか?!
彼は自分の帽子のかさを目安にして 標的を正確に狙い撃ちします バン! まさにアレです!

いちど目安を見つけられれば すべての応用に活かせるかと(^▽^;)


…濃淡に関しては「時間」だと思っております。 とにかく”好き”なものでないと、
”好き”なものは すごい”集中力”がでます。

美術の練習などでさせられた あの つまーんないデッサン。 
もし、ぼくが描いたら及第点ですね (^▽^;)


よく インドに行って人生観が変わったぁーー!! とウソぶく人がいますが……
あれは現実逃避かと…(^▽^;)  

インドほど自分探しの場所に向いていない国ってないと思いますよ。

理由は、バラモンが統治しているというのもありますが……
シク教、回教、ゾロアスター、ムスリム、ジャイナ教、ヒンドゥー教、キリスト教、仏教……もうカオスですね笑 

インドは いつでもときさめ様のお帰りをお待ちしていると思いますよー(^^♪
何も考えずフラッと行かれるのが~ 一番楽しめるかと♪

ギターは 寂しいときによく歌って 自分をなぐさめていました( ;;) 
ギターで人を救いたいというのは 自分を救いたいっていう 
裏返しのように思っております 
by: masa(マサ) * 2016/06/28 01:23 * URL [ 編集 ] | page top
----

プロの仕業すぎて、ただただ圧倒されました!
なんやこれぇっ!?

デッサンでも計測してるんですか!?
なんか衝撃です。書き慣れると感覚でいくものだと勝手に思っておりましたので(´・ω・`)
測る・真っ直ぐ引く、もうこれが苦手でして、だから私のデッサンは輪郭グチャグチャでバランス悪いのかな・・・と思いました。

なんといっても、ガンジー先生の白黒の濃淡、これが素晴らしいです。
違和感なく自然な質感で人物を、表現されているのが上手すぎてそれ以外言葉がありません!

インドに行くと人生変わるらしいですけど、どうでした?
南部と北部のカレーを食べ比べて、サリー着てホーリー祭りを楽しみ、ガンジス川で黄昏たかったです(´・ω・`)
ギター!?歌っていた!?何だか芸達者で羨ましいです。
by: ときさ * 2016/06/27 01:25 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://masa0085.blog.fc2.com/tb.php/108-8c90d56d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |